SARAMEYA

こんばんは

お久しぶりです。びっくりするほどご報告できるほどのことがなく、広告がうっとうしいので一つ更新してみようと思います。

一応、ちょっとずつ設定の設計を進めているのですが、いろいろと整合させようとすると、あれもほしいこれもほしいとなって、それらを整合させるために、あれもいるこれもいる、以下続く、という悪循環に陥ること山のごとしでした。いかにシンプルに作れるかというのがとても重要で、それを実行することがとても難儀なことであることは理解しているつもりでしたが、いやはや困難この上ないですね。でも、とても楽しいです^^

さて、私はニンテンドー64から据え置きゲームに入った人間なのですが、とりわけはまったゲームが、ポケモンスナップとスマブラとマリオ64でした。そして先日発売された、マリオオデッセイ。写真機能がついていて、マリオ64のようなゲーム。これは絶対に楽しいに違いないと購入したわけですが、
DOSEDalUMAAQlim.jpgDOSDiGHUMAENaHH.jpg
DOSDuDxUMAIpR1W.jpgDOSDzh_VQAA2fiF.jpg
めちゃくちゃ楽しいです。

すでに、完クリしてしまったのですが、写真を撮るのが楽しすぎて、しばらく遊んでいそうです。ゼルダもやりたいです。switch買ってよかったです^^





スポンサーサイト
  1. 2017/11/11(土) 00:58:01|
  2. 雑記
  3. | コメント:0

文学賞

カズオ・イシグロ氏が受賞なさりましたね。

好きな音楽や、漫画や、小説が、急にメジャーになったり、売れ出したりという現象がある人は結構多いのでは?と思っています。図書館でなんとなく手に取った小説が面白くて、続きを読もうと思ったらなぜか次の週には全部借りられていたり、DVDもしかり、私もそんな経験が少なからずあります。むしろ、ちょっと多いとさえ思っていたり^^; もちろん、それは偶然でしょうし、売れ出したから私の目に届くようになり、手を出したのかもしれないし、でも、それでもやっぱりちょっと誇らしいんですよね。

カズオ・イシグロ氏の小説を読みだしたのは、実はほんの二週間ほど前なんです。ですので、まだ「日の名残り」と「わたしを離さないで」しか読んでいないんですよね^^; でも、少なくとも名著でした。いいえ、現存するあらゆる小説の中でも、五本の指には入るのではないかというほどの名著でした。すっかり虜になりました。
ですから、そういった以前の経験から、もしかしたらノーベル文学賞はカズオ・イシグロ氏が受賞するかもねー、そうしたら図書館で借りられなくなっちゃうねー、なんてここ数日、冗談のつもりで母と話していたんです。自分で自分が怖いです^^ ルーレットで一目賭けを当ててしまった気分です^^ むしろ、なぜかちょっと現実味がありません^^

好きな作家さん(好きになったばかりですが)が、素晴らしい賞を受賞することが、こんなにうれしいこととは思いませんでした。私自身が賞を受賞するわけではありませんからね^^ でも、いまだに興奮冷めやらずです。一週間くらい気持ちが昂っているかもしれません^^

皆さんも、ぜひカズオ・イシグロ氏の作品を読んでみてくださいね。自信をもって、素晴らしい小説であるとお勧めできます。充足感がすごいです。

  1. 2017/10/05(木) 21:10:37|
  2. 雑記
  3. | コメント:0

40をプレイしていただきありがとうございました^^

そろそろ気持ちも落ち着いたので、編集後記を書かせていただこうと思います^^

前作の後、脱出ゲームを作ることはやめようと思う、というようなことを書きましたが、また作ってしまいましたね。決して作らない詐欺をしようとした(したかった)わけではなくて、別の種類の作品を作りたいという思いから、脱出ゲームをメインに作るのをやめようということでありまして、脱出ゲームのネタが何かふとした拍子に思い付いたのなら、作るつもりでした。言葉足らずでした、すみません^^;

今回のネタは、私自身脱出ゲームをプレイする側として、「一つの要素を、見方を変えることによって、別の謎を解くヒントになる」という仕掛けが(伝わりますかね?^^;)、とても充実感があって、達成感があって、面白いよなあ、と思った経緯から、一画面内で多くの謎を解くといったゲームが作れないだろうか、と思ったことがきっかけとなっています。とはいえ、いざ完成させてみたら、割と直球な謎ばかりになってしまい、センスの差を感じずにはおれませんでしたが^^;

作ったくせに、公開したくせに、プレイしていただいたのにもかかわらず、こんなことを申し上げるのはアレですが、結局、
王道な脱出ゲームが一番面白いのではないか!?
なんて思ったり、、、
もちろん、だからと言って、この作品をふざけたつもりで作ったつもりではないです。ただ、映画も、漫画も、小説も、アニメも、ゲームも、確かに奇を衒った作品も悪くはないですが、王道でシンプルな作品が、結局「ああ、よかった」と思う確率が高いと思うんですよね(個人的感想です)。改めて、「王道」の素晴らしさに気づかされた作品となりました。この経験を、今後の創作活動に生かしていきたいと思います!

それでは、改めまして、40をプレイしたいただき、まことにありがとうございました。セーブ機能もおおむね機能したようですし、本当にいい経験となりました。またしばらく、脱出ゲームを作らない時期が続くと思いますが、何かしらの創作は続けていきます。その合間に、脱出ゲームを作ることがあるかもしれません^^ その折には、またプレイしていただけると嬉しく存じます。
また、私も一脱出ゲームプレイヤーとして、今後も脱出ゲームをプレイしていきたいと思います。

皆様、よき脱出ゲームライフを^^/


  1. 2017/09/09(土) 15:27:20|
  2. 制作後記
  3. | コメント:2

40

40


Copyright © 2017 SARAMEYA All Rights Reserved.

40個の謎を解いて、脱出してください。
解答パネルは、ドアにある3つのみです。
セーブsave_icon.pngが可能です。解答済みリストanswered_icon.pngも参考にしてみてください。
お時間あるときに、のんびりとプレイしてみてくださいね^^

Solve 40 riddles and escape.
Three answer panels are on the door.
Save button is save_icon.png
Solved list is answered_icon.png
Please play at ease. :D

操作はマウスのみです。

9/6 ランプの場所と謎の場所がリンクするように訂正いたしました。ただし、SOLVED LISTでは、解いた順番に表示されておりますので、ご注意ください。
また、今回の訂正に伴い、以前のバージョンでのセーブが解除されてしまったことを、お詫び申し上げます。途中までプレイしてくださったにもかかわらず、申し訳ございませんでした。


プレイ操作環境
このゲームをプレイするには、AdobeFlashPlayerが必要です。
swfファイルへの直リンクはご遠慮ください。

以下の環境で動作を確認しています。
・Microsoft Internet Explorer(最新版)
・Google Chrome(最新版)
・Mozilla Firefox(最新版)
・Microsoft Edge(最新版)

Thanks
On-Jin ~音人~
 効果音に使わせて頂きました。


  1. 2017/09/05(火) 22:35:04|
  2. ゲーム
  3. | コメント:18

残すは

テストプレイだけだ!というところまできましたが、実はまだ、タイトル画面とエンディング画面がありません(゜-゜)
とはいえ、実はこの問題、割とコンスタントにやらかしています。なぜだか存在を忘れてしまうんですよね。反省しないなあ。

kari.png

上の画像は、仮で使っていたタイトル画面です。これほどではありませんが、実際のタイトル画面も、結構簡素なものになりそうです。エンディング画面に関してはまだ考え中の段階です。でも、たぶん大して変わらないものになりそうです(^-^;
ちなみに、左の✖がロードボタンで、右の✖セーブデータを消去するボタンです。テストでは、セーブ機能がうまく動作していたっぽいので、皆さんのパソコンでもちゃんと機能するといいなあ(*˘︶˘*).

追記
8.29  SEつけるのも忘れていました……
9.4  今週中にアップできると思います。今しばらくお待ちください。



  1. 2017/08/28(月) 22:31:02|
  2. 進捗
  3. | コメント:0

( ・´ー・`)

ようやく絵が描けたので、さあparaflaと思ったら、なんと、なくなっていました( ・´ー・`)
ここのところパソコンの中身を整理していたので、その時に誤って消してしまったのだろうと思いますが、まあ再ダウンロードをすれば、、、と思ったら、paraflaさんのページがなくなっていました( ・´ー・`)

なんとか、いろいろと探し回って再ダウンロードができましたが、幸先が悪すぎですね、、、だいぶ凹みました。
絵も描けたと申し上げましたが、どうしても納得のいかない場所もありますし(テストプレイの時に意見を聞いて直そうと考えています)、悲しくなりますね、、、

ちょっとドラクエしてきます、、、
まだクリアできていませんが、カミュとベロニカとニマ大師が好きです。カジノのマジスロがすごいと評判ですが、面白さが全然わからなかったので、私はパチンコはしないほうがよさそうだということがわかりました。


  1. 2017/08/20(日) 15:40:10|
  2. 進捗
  3. | コメント:0

進捗です

ちょこちょこ進めておりまして、前回の記事での詰まっていた部分は無事に解決され、絵のほうも机や棚などのアイテムをサクサク描き進め、さあ部屋に配置するぞとなったところで、、、、

shinchoku2.png
ちょっと微妙、、、

画面に詰め込みすぎな感じですし、でも棚や机などを小さくしてしまいすぎるのも見え辛いかなとか、とにもかくにも壁がうるさいよなぁとかとか、全体的なバランスが考えどころです。また色に関しても、当初はほぼモノクロで行こうと思っていたのですが、この感じだと色があったほうがまだましかもしれない、などと思ったり。いろいろと試行錯誤して、早くこの状況から抜け出したいです。

プログラム()は過去作からいろいろと流用したりで、そんなに時間はかからないとは思っていますが、今回はさすがにセーブ機能をつけなくてはならないと思っておりますので(今までの作品にもつけようとは思ったりしたのですが、技術的な面で断念していました。ご不便おかけいたしました)、そちらでもちょろっと時間がかかりそうな予感。

うーん。頑張ります。



  1. 2017/07/19(水) 01:32:11|
  2. 進捗
  3. | コメント:0

ちょこちょこ進めています

作ろうと思っていたことが、詰めていくとなかなかうまく着地してくれなくて、あと一歩なところで気が滅入ってしまったので、素材を描き始めました。いろいろと趣向を凝らしてみているつもりですが、客観的にはどうなのかわからないところが、作る側の人間としては楽しみでもあり、恐ろしくもありですね。
ゲームの内容としては、1面脱出です。1つの画面でいっぱい謎があったら楽しいかなという発想がスタートです。40個の謎を用意しようとしています。簡単な謎はまだしも、テストプレイの際に「これは理不尽だ」などと注意されてしまったらどうしようかとおびえながらいろいろ考えてみています。今しばらくお待ちくださいませ^-^/
※先ほどから「謎」と書いておりますが、スイッチを押したり、入力装置の数字を合わせたり、色を合わせたり等のあれです。なんと表現すればよいのかいまだにわかっていません^^; 「リドル」でしょうか?



描いています





  1. 2017/06/15(木) 00:28:46|
  2. 雑記
  3. | コメント:0

いろいろと

お久しぶりです。すみません。abemaTVで麻雀チャンネルを見すぎて、がんばって一歩踏み出して、一人で雀荘に行ってみたいなと思っている今日この頃です。
いろいろと好きなことをやらさせていただいています。やりつつ、つみつつ、一歩進んで一歩下がっている感じも否めませんが、一応何かしら個人的なことをやらさせていただいております。おりますが、近ごろのやる気の出なささがひどいので(五月病であると信じたい……)、息抜きにちょっとした何かを作っております。とにかくがーっと進めて、公開できる形まで持っていけるように頑張っていきたいと思います。

画像を用意しようと思ったのですが、ネタバレしてしまいそうでモザイクかけてみたら、ただのモザイク画像になってしまったので、画像添付することはあきらめました。もうゴールデンウィークが終わってしまいますが、細々ながら、日々生きていきたいと思います。


  1. 2017/05/07(日) 12:36:52|
  2. 雑記
  3. | コメント:0

こんばんは

Nier:Automataをやっていました。私は据え置き型ゲームはあまりやらない性質でして、というのも、やり始めたら止まらないと知っていたからです。据え置き型はNintendo64以来くらいでしたでしょうか^^; しかし、あまりにニーアが面白そうだったのと、今までやりたいなあと思ったゲームが、待てど暮らせど携帯型ゲーム機版でリリースされないなんてことが多々ありましたので、私の欲望が爆発したという次第です。
いやあ、それにしても楽しいですね、ゲームというものは本当に^^ ニーアはちびちび進めて、無事に3周しました。音楽も素敵で、キャラクタもとても魅力的で、ストーリーでは何度も泣かされました。素晴らしかったです。ただ、ずっとパスカルは(CVが悠木さんでしたので)女性だと思っていたので、「パスカルおじさん」と呼ばれたときには部屋で一人で叫びました。でも、おじさんでもいいです。素敵でした。あとはちまちまとトロコン目指したいと思います。

久しぶりにがっつりプログラムを書いていました。ゲームではなく、自動的に漢字ナンクロを生成するアプリケーションを製作していました。作っている最中から、これは誰得なのだろうか思っていましたが、うーん、誰得なのでしょう?進捗状況は70%ほどなのですが、残りの30%でだいぶ苦戦しています。それに、完成したところで質が悪そうだなとちょっとばかり思っていて、なんとなく悲しい気持ちになりながら、それでも完成を目指しています。完成できるかな?^^;

IMG_1830.jpg




  1. 2017/03/19(日) 00:21:54|
  2. 雑記
  3. | コメント:0
次のページ