SARAMEYA

40をプレイしていただきありがとうございました^^

そろそろ気持ちも落ち着いたので、編集後記を書かせていただこうと思います^^

前作の後、脱出ゲームを作ることはやめようと思う、というようなことを書きましたが、また作ってしまいましたね。決して作らない詐欺をしようとした(したかった)わけではなくて、別の種類の作品を作りたいという思いから、脱出ゲームをメインに作るのをやめようということでありまして、脱出ゲームのネタが何かふとした拍子に思い付いたのなら、作るつもりでした。言葉足らずでした、すみません^^;

今回のネタは、私自身脱出ゲームをプレイする側として、「一つの要素を、見方を変えることによって、別の謎を解くヒントになる」という仕掛けが(伝わりますかね?^^;)、とても充実感があって、達成感があって、面白いよなあ、と思った経緯から、一画面内で多くの謎を解くといったゲームが作れないだろうか、と思ったことがきっかけとなっています。とはいえ、いざ完成させてみたら、割と直球な謎ばかりになってしまい、センスの差を感じずにはおれませんでしたが^^;

作ったくせに、公開したくせに、プレイしていただいたのにもかかわらず、こんなことを申し上げるのはアレですが、結局、
王道な脱出ゲームが一番面白いのではないか!?
なんて思ったり、、、
もちろん、だからと言って、この作品をふざけたつもりで作ったつもりではないです。ただ、映画も、漫画も、小説も、アニメも、ゲームも、確かに奇を衒った作品も悪くはないですが、王道でシンプルな作品が、結局「ああ、よかった」と思う確率が高いと思うんですよね(個人的感想です)。改めて、「王道」の素晴らしさに気づかされた作品となりました。この経験を、今後の創作活動に生かしていきたいと思います!

それでは、改めまして、40をプレイしたいただき、まことにありがとうございました。セーブ機能もおおむね機能したようですし、本当にいい経験となりました。またしばらく、脱出ゲームを作らない時期が続くと思いますが、何かしらの創作は続けていきます。その合間に、脱出ゲームを作ることがあるかもしれません^^ その折には、またプレイしていただけると嬉しく存じます。
また、私も一脱出ゲームプレイヤーとして、今後も脱出ゲームをプレイしていきたいと思います。

皆様、よき脱出ゲームライフを^^/


スポンサーサイト
  1. 2017/09/09(土) 15:27:20|
  2. 制作後記
  3. | コメント:2

ボトリウムをプレイして頂きありがとうございました

バグがあったことが一番の悔恨です。毎度ないことを願うのですが、やはり詰めが甘いですね。すみません。

今回は、ボトリウムを知って、ああきれいだな、これがいっぱいある部屋が良いなあ、という所から練り始めまして、ボトリウムがたくさんあったら、あんな謎が作れるなあ、こんな謎も作れるなあ、と考えているうち、謎が過飽和状態になってしまいました。そこで間引きをすれば良かったのでしょうが、ついつい全部詰め込みたくなってしまって、スイッチで機械の反応のあるなしをやってみてはどうだろうかという風にあいなりました。面倒くさいかなあ、とは思ってはいましたが、やはり面倒くさかったですよね、すみません(^^;)また一つ勉強になりました。

私はゲームを作成する際に、無駄なこだわり(謎に関係のないものを動かしたがる等)を詰め込みたいと思う人間なのですが、今回一番のこだわりは、こちらです。
1_p.png
自己アピールでした(^^;)

さて、それはさておき、次はどのようなゲームにしようかとぼんやりと思っていますが、まだまだ何も考えついていません(--)
形態であったり、テーマであったり、また考えたときにご報告させて頂きたいと思います。

改めまして、ボトリウムをプレイして下さった皆様、ありがとうございました。今後もっと精進して、皆様に楽しんでいただけるゲームを作成したいと思います。もちろん、バグにも気を付けたいと思います。本当にありがとうございました。




  1. 2016/02/06(土) 10:59:57|
  2. 制作後記
  3. | コメント:0

ひよこ助けの制作後記

Save the Chickをプレイして頂いた皆様、ありがとうございます。結局セーブ機能を付ける余裕はありませんでした。つけるほど長い内容でもないのですが……。

Save the Chickという題名と、小人の紳士がひよこを助けるいう目的、そして「ただの探し物ゲーム」にするということは、前作完成した直後に既に決まっていたのですが、それからが時間かかってしまいました。絵に色を付けるのが大変苦手で、それなりに納得いく木を描くだけで時間かかってました(しかもこちらは没)。いやはや、何かを作るというものはいつになっても難しいです。
「ただの探し物ゲーム」にした理由ですが、個人的にさまざまな種類のゲームを作りたくて、前作が脱出ゲームでしたので、今回は探し物、という風に決めました。あるいは誘導ゲームでも良かったのですが、私が探し物ゲームをやりまくっていたというのも理由の一つです。ちなみに、最終目標は戦ったりしないアクションアドベンチャーゲームを作ることです!

さて、次回作なのですが、実のところ、全く思いついていません(´・ω・`)
作りたいものはあるのですが、はっきりって脱出ゲームでも探し物ゲームでの誘導ゲームでも何でもないでかいゲームですので、まあこちらは置いておきます。ただ、このままゲームを作り続けていく上で、ブログにアップする際、容量オーバが連続してきていて大変不便に感じてきているので、ちょっと本格的にホームページなるものの開設だのなんだのを考えています。
また、私自身が今年で学生という身分を終えてしまいます故、ますます次回のゲームの間隔があいてしまうかもしれません。すみません。でもゲームは作り続けていきますので、是非遊びに来てください! ブログの更新頻度も上げます……たぶん……。
1443365514vlZVvsBjaObLpKB1443365386.gif
ムーンウォーク紳士です。

10/4 追記
コメントをくださった皆様ありがとうございます。いつも大変参考にさせて頂いております。
アイテムを得たのならば、その利用の仕方も表現するべきであったと反省しております。分かりづらい表現となってしまい申し訳ございませんでした。
また、謎解きやアイテムを使用するといったアクションがあった方が、ゲームとしてはやりごたえがありますね。以降はもりもり盛り込んだゲームになるよう努めさせて頂きます!
改めまして、ご指摘やご感想をありがとうございました!!
  1. 2015/10/03(土) 18:21:37|
  2. 制作後記
  3. | コメント:0

Lodger制作後記

Lodgerをプレイして頂いた皆様、ありがとうございました。また、不具合があったことをお詫び申し上げます。

本作では、アイテムの使用やパズルやキャラクタなど、個人的にやってみたかったことを色々詰め込んでみましたが、詰め込み過ぎてあたふたした感じでした。スキルが高いわけじゃないのだから、順を追ってやればいいのに……。動いてくれたときは嬉しかったですが、やはりさすがに欲張りすぎでした。
あの三人は、表札にもありましたように、それぞれポク、スニ、ングと言います。ただ、それ以上の設定はあまり考えていませんでした(ングはちょっとお金に汚い子です)。が、少なくとも、みんないい子です。今後出番があるかどうかはわかりませんが、彼らの背景も考えたいですね。

今回は反省点が本当に多くて、こうして公開してもなお、申し訳なさが半端ないです。次回作は、心底満足できるものを作りたいものです。
次回作の予定や、構想はまだ白紙同然ですので、何かしらの進展があれば随時ご報告できればなと考えております(とは言え、4月に入り新学期が始まってしまいましたので、今作以上に遅々とした進みになるかもしれませんが……)。
かかった時間とクオリティが比例するような作品を作れればいいなと思います。
  1. 2015/04/02(木) 15:10:13|
  2. 制作後記
  3. | コメント:0

一反木綿 制作後記

一反木綿をプレイして頂き、ありがとうございます。11月中あるいは12月入ってすぐ頃までには、完成させてアップロードしたいと考えてたのですが、結局ここまで時間がかかってしまいました。12月は年末に向けての追い込みがあって然るべきですよね……。見通しの甘さがでました。お恥ずかしいです。
また、戻るボタンの色についてご指摘して下さった皆様、ありがとうございました。次回作以降では、もっとわかりやすい色・ボタンにさせて頂きます。今作品では、ご不便をおかけして申し訳ございませんでした。

前作とは違い、今作品はParaFla!様を使用させて頂きました。JavaScriptと違い、知識が足りなくて皆様にご迷惑をかけるなどということがないので、大変ありがたかったです。この記事を書いている現在、不具合もないようですので、今後ともぜひお世話になろうと思います!

次回作は、もっと脱出ゲームらしいゲームを作りたいなと考えております。ただ、1月中旬ごろまでごたごたしてしまいますので、完成には少し時間がかかってしまうかもしれないです。すみません。それでも、皆様に楽しんで頂けるようなゲームになるよう努めますので、ぜひぜひ、次回作もプレイしてやって下さい!よろしくお願いいたします!!
  1. 2014/12/13(土) 12:14:22|
  2. 制作後記
  3. | コメント:0
次のページ