SARAMEYA

ちゃんとわかって、かつシンプルで、ポップで、

断捨離や、移し替え等々のおかげで、無事実機テストができるようになりました。もともと危惧していたことではありますが、機器ごとの縦横の比率によって、レイアウトが崩れてしまうという問題点が、目を潰れない程度の事案であるということを、しっかりと確認いたしました;-; どうデザインしたら、どんな縦横比の画面でもいい感じの見た目になるのか、着地点が見つかるのかどうか、、、。改めて、世のあらゆるデザイナーと名がつく職業の方々が偉大であるのか、真に理解いたしました。いやあ、本当にすごい方々です。

また、この問題はUIデザインだけではなく、メイン画面のマップタイルのデザインでも同じことでした。このゲーム制作に着手し始めてから、そこそこの時間がたっておりましたが、正直なところ、どのような絵柄が魅力的であるのかというのが、ずっとあやふやな状態でした。ドット絵ということだけは決めておりましたが、リアルに寄せるのか、それとも、シンプルにするのか。以下が、悩みに悩んでいた過程の様子です。崖の部分です。
無題
すでにいろいろなマップタイルを描いてはいたのですが、一部はシンプル寄りで、一部はリアル寄りで、のように、合わせてみるとどうしても違和感が出てしまっていました^^; 結局、キャラクタの絵がシンプルな色遣いやデザインであったので、シンプルな絵を目指そうと決めたものの、やはりシンプルというのは、ごまかしがきかない分、恐怖がすさまじくて、

  本当にこれでいいのか
  魅力的な絵になったか
  魅力的な色使いであるか

気が付くとリアル寄りのタイルができてしまっていました。すぐ逃げてしまいます。悪い癖です^^;

まだまだ先は長いですが、逃げたくなる心を殺して、一歩ずつ着実に進んでいきたいと思います。頑張ります。
多くの試行錯誤のおかげで、だんだんと絵がうまくなってきた自信があって、それがすごくうれしいです^^



スポンサーサイト
  1. 2018/06/21(木) 23:58:18|
  2. 進捗
  3. | コメント:0

文字

次の画像が現在の状況です。

市松模様みたいなところがメイン画面で、キャラクタが中心近くにいるやつです。下の十字ボタンを押すとキャラクタが動きます。AボタンとBボタンはとりあえずおいてみただけです。とりあえず、基本の基本の動きはできるようになりました。

ここまで来て、やはり次の動きの実装となると、ある程度のマップタイルを用意しなければならないことがわかりまして、ちょぼちょぼ製作しております。

また、メッセージ画面用の文字を作成してみました。
m.png
文字を画像に変換して表示するというやり方が、一番シンプルでいいかなと考えておりましたが、処理の量が多くなってしまうかなと、フォント化してみることにしました。Calligraphrというサイトで、無料でオリジナルフォントを作れるとのことでしたので、さっそく利用させていただきました。
ところが、どうやら無料版では、75文字分しかフォント化できないとのこと。もちろん、無料でしていただけるだけでありがたいので、ある程度の制限はしかたがないのですが、画像の通り、ひらがな・カタカナ・数字・アルファベット・いくつかの記号をフォントにしてしまおうとしておりましたので、(;-;)という気持ちです。確かに、75文字もあれば、ほとんどのひらがなは網羅できるので、ひらがなだけと決めてしまえば問題はありません。しかし、今までの作品では、外国の方もプレイしていただいておりましたので、英語でのメッセージも作れればなと考えていたため、この問題については、もう少し悩んでみようと思います。文章次第では、ひらがなの中でも使わない文字も出てくるでしょうし、アルファベットもまたしかりです。先にすべての会話文や、メッセージ分を考えてみるのもいいかなと思っております。

4月に受けた試験は無事に合格しておりました。\(^-^)/

  1. 2018/05/26(土) 00:38:27|
  2. 進捗
  3. | コメント:0

( ˘•ω•˘ )

unityを本格的にいじり始めたのですが、iphoneでの実機テストをしたいと思ってみれば、macがないとできないという。これは大いに悲しみですね。一応やろうと思えばやれなくはないようですが、むむむ……という感じです。どおりでandroidでの開発されている方が多いわけです(個人の感想です)。

それじゃあ、昔使っていたandroidでと思いましたが、それもそれでなぜかうまくいかない。上記のものとは違い、根本的にできないとかそういうわけではないと思いますので、どうにかいろいろ試してみてはおりますが、とりあえずなにより、パソコンの整理をしなければならないという事実が発覚しました。むむむ……という感じです。(ちょっと実機のほうも怪しいですが)
まあ確かに、今は全く見ていないもの、聞いていないもの、使っていないものがたくさんありますので、ゴールデンウィークですし(?)、いい機会だと、断捨離に励みたいと思います。

開発のほうは、そこそこといった感じでしょうか。ようやくunityもなんとなくわかり始めた感じがありますし、この進みの遅さも、予測範囲内に収まっているので^^; 、実機テストのための準備を進めながら、並行してコツコツと続けていきたいと思います。

正直なところ、webGLでもよいのかもしれません。けれど、やはりゲームボーイで遊びまくっていた人間として、ドット絵のちょっとレトロっぽい感じのゲームを目指している身として、画面がちょっと小さめの感じがしっくりくると申しますか、そこはこだわりたいなと考えておりますので、どうしても無理だとならない限り、スマートフォンでプレイするゲームとしたいなと考えております。

5/5追記
androidの実機が長年の眠りから目を覚ましてくれました。ありがたやありがたや(;-;) ますます断捨離に励みたいと思います。音楽入れすぎ……。





  1. 2018/05/04(金) 02:10:17|
  2. 雑記
  3. | コメント:0

花見の季節ですね

この頃は資格試験に向けての勉学に励む日々でした。まだ本番まで少しありますので、一発合格できるように自分を追い込んでいきたいと思います。合格する自信は半々くらいでしょうか。わりと微妙です。

先日、友人から、動画を作ろうと考えており、そのための絵を描いてくれないかと頼まれまして、人生初の絵の提供をしてまりました。相手の要望を聞き、要望にかなうような絵を描くというのは、想像通り簡単なことではありませんでしたが、いろいろと考えさせられることも多く、とても新しく、貴重な体験となりました。ちゃんと動画作るのかな?笑 もし動画をアップロードしたよと連絡が来たら、ぜひこちらのブログで紹介させていただけたらと思います。

さて、先述の通り、最近は余暇を勉強に費やすという、何年ぶりになるであろうまじめな生活をしておりましたが、すこーしずつですが、素材の絵の制作を進めておりました。
1.png
このような感じです。

メインの設定やお話は、完全に落ち着いた(はず)ので、とにかく、継続してやり抜きたいです。(病的な飽き性なので、今まで、やり通せたことというのがあまりないので^^;)
blenderなどにも触れてみたいと思っているので、早くもろもろのことを終えたいです。頑張ります。


  1. 2018/03/26(月) 20:51:35|
  2. 雑記
  3. | コメント:0

ゼルダと三國無双

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドをついにプレイし始めておりました。ずっとやりたいと思っていたのですが、なんだかんだ後回しにしてしまっていました。しかし先日、ついに夢にまで見たので、いい機会だと思い始めてみました。

驚くほど楽しいです!

そしてグラフィックが本当に美しい。

ただただリアルというのではなく、どことなく絵画風な感じで、とにかく「美しい」というほかに形容しがたい美しさです。すごく好みでした。
プレイのほうは、私のコレクション魂のせいで、道草食いすぎて、なかなかメインクエストがクリアできないので、エンディングを見るまでにはまだまだ相当な時間がかかりそうな感じです^^

にもかかわらず、真・三國無双8を購入してしまいました。もともとゲームにどっぷりはまったきっかけが三國無双シリーズなので、うん、これは仕方がないですね゜-゜
こちらもまた、本当にグラフィックが「きれい」です。美しいというより、きれいなのです。引くレベルでリアルです。最近のゲームは、CG技術がすごいですね。感嘆するばかりです。
プレイのほうは、以前のシリーズと比べて、いろいろとシステムが変わってしまったのですが、これはこれで楽しい作品です。まだまだ序盤の序盤ですが、こちらも長く楽しませていただけそうでワクワクしております。

さて、そんなこんなで、最近はゲームをプレイをするほうにうつつを抜かしておりますが、一応ゆっくりとですが、作業を進めております。私が一番気持ちの良いと感じる着地点を探して、試行錯誤の繰り返しばかりです。

rpg_map_detail.png
左から順に、第一案、第二案、第三案(暫定決定)です。

はじめは16×16のドットで行こうと決めていたのに、いろいろほかの素材を作っていると32×32のほうがいいのではないかとなり、でも結局16×16が一番落ち着く、という流れです。リアル過ぎるのも微妙だし、シンプルすぎるのも味気ない。中間地点を探すのが難しいです。というか、ドット絵そのものがそもそも難しいです^^; 一歩ずつ、ですね^^



  1. 2018/02/09(金) 23:43:11|
  2. 雑記
  3. | コメント:0

あけましておめでとうございます



2018年は、もっとちゃんとしたいと思います……。



  1. 2018/01/01(月) 00:05:18|
  2. 雑記
  3. | コメント:0

☆彡







  1. 2017/12/24(日) 22:11:45|
  2. 雑記
  3. | コメント:0

師走ッ!

それなりに忙しく、無難に体調を崩したり、人並みに大掃除をしたりしていたら、いつの間にか一つ年を取って、気づけば年の瀬になっておりました。年々時間が経つのが早くなりますね。まだ2017年は半年くらいしか終わっていない気分です。

遅々としてですが、一応それなりに考えをまとめていたりしておりました。暫定的なマップも作ってみました。無資料で完全にフリーダムにやっておりますので、一般的にこういうやり方が正しいのか、作り方が正しいのかは謎です^^; 何とかなるでしょう、か?
次は、1マス1マスの地形を作っていきたいところです。スマホゲームにするか、webGLゲームするかはいまだに悩んでおります。画面が小さいと操作しづらいかどうかが問題ですね。これは、実装過程で悩んでみようと思います。早く実装過程に入れるようにしたいなあ。


今はとにもかくにも、時間がほしいですね。体が5つくらいに分裂しないかしらと思いながら、日々生きております。私はマルチタスクが全くと言っていいほどできない人間ですので、見たい映画やらドラマやら録画していたテレビやらがたまりすぎていて、早く消化したくてたまりません。
と言いつつ、先日年末ジャンボを買いました。時間もほしいですが、お金もね^^ 4等でもいいから、あたらないかなあ。



  1. 2017/12/20(水) 23:25:21|
  2. 雑記
  3. | コメント:0

こんばんは

お久しぶりです。びっくりするほどご報告できるほどのことがなく、広告がうっとうしいので一つ更新してみようと思います。

一応、ちょっとずつ設定の設計を進めているのですが、いろいろと整合させようとすると、あれもほしいこれもほしいとなって、それらを整合させるために、あれもいるこれもいる、以下続く、という悪循環に陥ること山のごとしでした。いかにシンプルに作れるかというのがとても重要で、それを実行することがとても難儀なことであることは理解しているつもりでしたが、いやはや困難この上ないですね。でも、とても楽しいです^^

さて、私はニンテンドー64から据え置きゲームに入った人間なのですが、とりわけはまったゲームが、ポケモンスナップとスマブラとマリオ64でした。そして先日発売された、マリオオデッセイ。写真機能がついていて、マリオ64のようなゲーム。これは絶対に楽しいに違いないと購入したわけですが、
DOSEDalUMAAQlim.jpgDOSDiGHUMAENaHH.jpg
DOSDuDxUMAIpR1W.jpgDOSDzh_VQAA2fiF.jpg
めちゃくちゃ楽しいです。

すでに、完クリしてしまったのですが、写真を撮るのが楽しすぎて、しばらく遊んでいそうです。ゼルダもやりたいです。switch買ってよかったです^^





  1. 2017/11/11(土) 00:58:01|
  2. 雑記
  3. | コメント:0

文学賞

カズオ・イシグロ氏が受賞なさりましたね。

好きな音楽や、漫画や、小説が、急にメジャーになったり、売れ出したりという現象がある人は結構多いのでは?と思っています。図書館でなんとなく手に取った小説が面白くて、続きを読もうと思ったらなぜか次の週には全部借りられていたり、DVDもしかり、私もそんな経験が少なからずあります。むしろ、ちょっと多いとさえ思っていたり^^; もちろん、それは偶然でしょうし、売れ出したから私の目に届くようになり、手を出したのかもしれないし、でも、それでもやっぱりちょっと誇らしいんですよね。

カズオ・イシグロ氏の小説を読みだしたのは、実はほんの二週間ほど前なんです。ですので、まだ「日の名残り」と「わたしを離さないで」しか読んでいないんですよね^^; でも、少なくとも名著でした。いいえ、現存するあらゆる小説の中でも、五本の指には入るのではないかというほどの名著でした。すっかり虜になりました。
ですから、そういった以前の経験から、もしかしたらノーベル文学賞はカズオ・イシグロ氏が受賞するかもねー、そうしたら図書館で借りられなくなっちゃうねー、なんてここ数日、冗談のつもりで母と話していたんです。自分で自分が怖いです^^ ルーレットで一目賭けを当ててしまった気分です^^ むしろ、なぜかちょっと現実味がありません^^

好きな作家さん(好きになったばかりですが)が、素晴らしい賞を受賞することが、こんなにうれしいこととは思いませんでした。私自身が賞を受賞するわけではありませんからね^^ でも、いまだに興奮冷めやらずです。一週間くらい気持ちが昂っているかもしれません^^

皆さんも、ぜひカズオ・イシグロ氏の作品を読んでみてくださいね。自信をもって、素晴らしい小説であるとお勧めできます。充足感がすごいです。

  1. 2017/10/05(木) 21:10:37|
  2. 雑記
  3. | コメント:0
次のページ